出産後の尿漏れの原因

お腹に力が入った時、くしゃみや咳、なわとびやジャンプを伴う運動をするたびに少量の尿漏れがあります。

 

妊娠中にも尿漏れを経験しましたが妊娠、出産の経験がある女性に尿漏れが起こりやすいのは、妊娠のために大きくなった子宮や胎児の重みで骨盤底筋に負担がかかったり、出産時に骨盤が広がったり傾いたりしすることにより骨盤底筋が緩んでしまったりして、筋肉によって支えられていた膀胱が下がってしまうためです。

 

このため、腹圧で尿漏れが起こるもので、妊娠後期によくみられるのです。

骨盤底筋が弱ると腹圧性尿失禁になる

腹圧性尿失禁が起こる原因は骨盤の底にあり、膀胱など支える骨盤底筋が弱るからです。

 

これには2つのタイプがあります。

 

まずは膀胱や尿道が下がっで起こるタイプです。

 

原因は出産、加齢、肥満、骨盤のゆがみなどで骨盤底筋が弱り、膀胱や尿道が下がってしまうためです。

 

2つめは尿道を締める尿道括約筋が弱って起こるタイプです。

 

特に高齢の女性に多いのタイプです。

 

腹圧性尿失禁にかかりやすい女性もいます。

 

更年期の女性は、骨盤底筋や尿道の筋肉が弱り、腹圧性尿失禁が急激に増えてくる年齢です。

 

太っている女性は、骨盤底筋は胴体の1番下にあるので体重が多い人ほど重みがかかって弱く下がりやすくなります。

 

出産経験がある人は子供を産んでない人に比べ、お産の経験があるだけでリスクがあります。

 

難産や赤ちゃんが3,700グラム以上だった場合はリスクがより高くなります。

 

子宮の手術を受けた人は、子宮の手術の際に骨盤底筋の1部を切断し再縫合するので骨盤底筋の強度が落ちる原因となっています。

腹圧性尿失禁の対策

骨盤底筋をきたえる体操を行います。

 

肛門をしめると骨盤底筋がきたえられ、骨盤内の臓器が前に引き上げられる状態になります。

 

簡単な方法としては、足を肩幅に開いて座り、おなかに力を入れないで肛門をしめると骨盤底筋がしまります。

 

10回、締める、緩めるを繰り返します。

 

骨盤底筋を強くすると自然に尿道括約筋も強くなっていきます。

 

腹圧性尿失禁は個人により、尿漏れの量や頻度が違うので、一人ひとりに応じた対策や治療が必要です。